今日は、そもそも教員を目指した理由を記載します

私は、学生時代数学に対して “問題が解ける達成感” “解けたときの喜び” 
が大きく感じられるとても好きな教科になりました。

隣の席の人とかにも、解き方を教えてと依頼されることが自分の価値を
認められているようで得意科目にしたいという思いになりました。

採用試験の面接でも上記への思いは以下のように伝えました。

“数学は問題が解けたときに達成感を味わえるのがすごく好きだった”
“今度は、自分が教師となりその達成感を生徒に味合わせてあげたい”


そして、数学を通して生徒が成長していける過程に携われる仕事に就けること
が自分のやりがい・いきがいにつながる点をアピールしました。

他にもいろいろあるので、書きたいときにまた書きますね。


【フレッツ光&プロバイダのオプション無しでも豪華特典!】フレッツ光




教師 ブログランキングへ